なんと、この会は112年前に立ち上がった会です。
今から112年前というと、京浜急行の前身である大師電気鉄道が創立された年にあたります。
また、その年の2月には沖縄県で徴兵制度が始まりました。 ...

続きを読む

IMG_0106.jpg
 温習会に参加するのは、今回で2回目になります。とっても緊張し、吟じ始めてからは頭がパア〜と真っ白になってしまい、何がなんだか分からないうちに終わってしまいました。もっと吟を楽しみたかったな〜というのが一番の感想です。
私はまだまだ新参者なので、5番目と早い順番でした。途中で所用があり、抜けてしまいましたが、後半は閉会式まで参加する事ができ、先生方の吟を楽しむ事が出来ました。懇親会では、さらに盛り上がり、吟に関しての談義や、発表があり、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 次回は、二段に挑戦です。 舞台に飾ってありました松井先生の ...

続きを読む

IMG_0057.jpg
 やっぱり1番は嬉しいですね。やっと、我が高校(息子が通っていて、私がPTA会長をしている)が県大会で優勝しました。この写真は2日の準決勝で横浜商大に勝った時の様子です。学校の役員会が1時からあり、終わり次第役員のお母さん達と一緒に保土ヶ谷球場に駆けつけました。
本日の決勝戦は、夏に負けてしまった”東海大相模”とでした。私は仕事で応援に行く事はできませんでしたが、応援に行ったお母さん仲間から聞いた話によると、明日からテスト期間中に入る為に吹奏楽部の応援もなく、野球部の子供達が大きな声を出し、一緒懸命応援していたとのこと。応援に声も少ない中、子供達は勝ってくれたので、本当に嬉しいです!!
次は関東大会。そして、春には甲子園に連れて行って…。と、願うばかりです。 ...

続きを読む

 事務所がある六浦地域の防災拠点の訓練がありました。昨年に引き続きの参加ですが、いつもながらとてもチームワークの良い地域だと思います。神輿会のメンバーがほとんど消防団に入って活動していますので、息が合っており、いつもはワイワイと騒いでいる仲間が、真剣な顔をして一所懸命団員活動しているのは、とても自慢であり、頼もしく思いました。
 横浜市では中田市長の時に、消防団にに関していろいろな取り決めが変わりました。一番に大切な事は、消防団の方々が地域の為に活動するにあたり、活動しやすい環境をと、火災時には命をかけて活動しますので安心して活動のできる環境を作ることだと思います。私は、まだまだ消防に関しては勉強不足ではありますので、これからも皆さんと一緒に活動しながら、勉強していきたいと思います。
 この六浦地域では、今年になってからでも大きな火災が3件起こっており、そのうちの1件では亡くなられた方がいらっしゃいます。我々住民も、火災をださないように注意して生活しなければならないなと思います。 ...

続きを読む

IMG_0015.jpg IMG_0024.jpg IMG_0030.jpg
 日頃よりお世話になっています元市会議員の酒井麻雄先生にお誘い頂き、日台経済文化交流協会の役員として日華親善協会全国連合会総会•懇親会に出席し、憧れの平沼先生にお会いする事ができました。蔣介石が日本の天皇制を守ってくれ、日本と中華民国の国交が断絶した後も、中華民国を訪れた時には必ず蔣介石の墓にお参りに訪れている等のお話をしてくださいました。
 また、馮奇台 台北駐日経済文化代表處代表は、まだ日本に来て2年しか経っていないとは思えない程に流暢な日本語を話し、この2年間に行った活動についての報告がありました。ワーキングホリデーの実現、観光客の増加に伴い、北海道にも進出して益々日本との友好を広げていきたいと熱い想いを語ってくれました。
 日本は、台湾の人から見ると、一番に好きな国であり遊びに行きたいと信頼している国。アメリカは安全を保障している国と、いうお話には、我々日本人は、その信頼を裏切らないようにしていかなければならないな〜と胸が熱くなって来ました。 ...

続きを読む

IMG_0006.jpg
とても、嬉しいニュースがあります。
横浜市会で自民党の提案により「尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯に関する抗議決議」と日本政府に対する「尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯に関する意見書」がそれぞれ議決しました。ネットワークや一部の無所属議員の反対により、全会一致とはならなかったことは残念な事でしたが、とても早い行動をした自民党市会団には、同じ自民党の仲間として、エールを送りたいと思います。
...

続きを読む

 富岡八幡宮のお祭りがありました。
 安貞元年(1227年)の頃のお話です。富岡村のあるあばら屋に白髪の老人が住んでおりました。六月十五日の祭礼の日に、旅の僧が現れて食物を乞われましたが、老人は貧しくてごちそうを恵む事ができませんでしたが、その代わりに麦で作ったお酒を差し出し、旅僧はそれを美味しく飲み干しました。そして「吾は八幡の神である。今日から吾を祭るべし…」と、それから御祭神は八幡宮となりました。
 七月十五日の例祭には、毎年茅の舟を造って、御弊を立て、それに麦だんごのお供えを乗せ、お神酒を捧げて海に流す、「祇園舟」の神事は鎌倉時代から八百年も続いており、応長時代に八幡宮の山が大津波から部落を守った事から『波除八幡(なみよけはちまん)』とも称ばれ、広く江戸方面からも信仰を集め、深川 富岡八幡宮へ御分霊されました。 ...

続きを読む

IMG_0117.jpg
 尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船へ衝突した中国船船長の釈放が決まったという那覇地検の一報を聞いて、驚きと心の底からの怒りが込み上げてきました。この問題に関しては、民主党政権下には、もう毅然とした国家の主権を守るような態度と執って欲しかった〜と、誠に残念でなりません。正直、怒りを通りこして、涙が溢れてきました。私の生まれ故郷の徳之島、沖縄諸島もこのままでいくと中国の領土となるのではないでしょうか?
今回の問題については、自民党員として、民主党だけを責めるのではなく、竹島問題、東シナ海問題等も含め自民党政権時の外交問題についてきちんと反省をし、今こそ民主党と闘う絶好のチャンスだと思います。次の国会での谷垣総裁に期待しています!!

続きを読む

 金沢文庫芸術祭は、横浜市南端の自然と歴史が共存する街 金沢区で行われるボランティアによる手作りのアートイベントです。私は今年で12回目を迎える金沢文庫芸術祭の実行委員となりイベントに参加しました(午前中は地元の六浦での敬老会に参加していましたが…)。
私は、市民活動家です。今までに、子育て支援・防災まちづくり・国際交流活動と様々な活動をしてきましたので、今回のイベントは久しぶりに”市民活動のの血”が騒ぎ、スタッフの方々やボランティアの方々と一緒にドップリと市民活動を楽しむ事が出来ました。このイベントは今年も大成功をおさめましたが、その一番の原動力は第1回目から実行委員長をしていた浅葉和子先生(浅葉デザイン教室主催)と、その後を継いだ息子の弾君の存在です。私はサボりがちな幽霊実行委員ではありましたが、参加した時にはいつも、弾君から「この会は無理をしないで、やれる人がやる!!」と声かけをして貰っていたので、ここまで皆と一緒に活動できたのだと思っています。
弾君ほどのリーダーシップを執れる人はいなのではないかと思う程に素晴らしい男性です。 ...

続きを読む

IMG_0075.jpg IMG_0077.jpg IMG_0078.jpg IMG_0081.jpg
 各地域で連合町内会や町内会主催の「敬老のお祝い会」が開催されました。私は相川光正元市会議長の代理で出席して、皆さんと一緒に敬老のお祝いをさせて貰いました。
地元の六浦睦では、神輿保存会の仲間と一緒に”かっぽれ”を踊り、会場を笑いで包み込む事ができ、お年寄りの笑顔を見て、私も元気を貰う事ができました。
会の最後の締めでは、木遣りの仲間と共に”黒金 金沢名所”をあげる(吟じる)ことができ、地域の絆に感動してしまいました。我が町内では、最近ニュースで騒がれている高齢者の問題はないようなので安心しています。 ...

続きを読む

IMG_0052.jpg IMG_0056.jpg IMG_0071.jpg

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ