重症筋無力症を発病したお母さんの面倒をみているご家庭を訪問!
先日、ヤングケアラーの本を読んで、
「日本でも実際にこんなご家庭があるんだなぁ〜」って、思っていたら、
以前にお世話になっていた方の社員の奥様の相談を受け、昨日訪問しました。
ご主人は仕事で忙しく(家族を養う為には働かないといけないから)、
病気の為に家事は殆ど出来ないお母さんを助ける為に、
小学4年生のお嬢さんが殆どやっていると伺いました。
これから教育費もかかる上に、ご主人とは奥様が連れ子の再婚で、
まだそのご主人は20代と若く、奥様も働いていくのを前提で家も借りて
生活を始めたのだが、発病してから3年間は通勤にも困難をきたし、
今では会社を辞めて働く事も出来なくなってしまったとの事。
今の制度の中では、このご家庭になんの支援もする事が出来ません。
これから更に病気が悪化していくのではないかと考えると
なんらかの支援が必要になってくるのではないかと考えます。
昨日も、一昨日も夜は消防団の歳末警戒の激励廻りを行い、
その合間に市政報告のポスティングも2000枚。
また、路上タバコに関しての陳情も受け現場確認、
更には、毎年恒例の今では懐かしいご自宅でお餅つきを行うお宅に
お邪魔させて頂きつきたてのお餅を頂いて参りました。
更に、その合間をぬって、着物が似合うようにと、
髪の毛も刈り上げてスッキリ。
明日から2019年ですが、まだまだ事務所の大掃除が残っておりますが、
夜にはご近所の♨️銭湯『亀遊館』さんで指圧を受けてから電気風呂に入りました。
これだけ働ける健康な身体がある事に感謝し、
今日も明るく、楽しく、元気良く働きます❣️
1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg
前のブログ | 2018年12月31日(月) | 次のブログ

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ