幼稚園のときに小児がんの脳腫瘍になった四郎くんが、「小児がん知ってほしい!」

絵本出版のためのクラウドファンディングを開催いたしました!

小児がんを優しく伝える『しろさんのレモネードやさん』

小児がんなどで長期入院中の子どもたちは社会との接点を絶たれ孤立しています。

夜も、病室のベットでひとりで寝ます。面会終了時間は子どもたちのすすり泣きの声がします。

ましてや運動もできず、学校での勉強の遅れや身体的なボディーダメージによる容姿の変化、「何でこんなことになってしまったのだろう」と不安や悩みが沢山あります。

私の娘もステロイドという強い薬による副作用で、顔は大きく丸くなり、目は閉じず、顔面麻痺により笑顔もだせず、鏡も見なくなりました。

でも、親である私でさえ、どこまで不安や悩みを解消できたか・・・・

是非とも社会の皆さまが「小児がん」という重い病気の子どもたちの事を知っていただき、その不安や悩みを解消できるように救っていただけないでしょうか。

この絵本出版により多くの方々に認知されることを願っております。

※拡散が支援に繋がります。どうぞ宜しくお願い致します。


小児がん知ってほしい!絵本『しろさんのレモネードやさん』出版
https://readyfor.jp/projects/15456
前のブログ | 2018年2月20日(火) | 次のブログ

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ