夜中の3時56分!

(カテゴリ:趣味・生活|2018年3月28日(水)更新)

原田マハ氏の『キネマの神様』を読んで、涙・涙で鼻水までもが止まりません。
サンフランシスコへ来て、完全に時差ボケで、車の移動中にうたた寝をしてしまうので、
お布団の中では上手く睡眠がとれません。
本当は飛行機が苦手で、死ぬほど嫌いで、仕事の為に仕方なく乗っています。
これだけ起きていれば、明日の帰国の飛行機は爆睡出来そうです。
市会議員となり、日頃の生活、日々の活動に追いかけられており、
自分の時間をゆっくり過ごす事が出来ない中、視察の時の移動中の読書が唯一の楽しみです。
この本を勧めてくれた友人に感謝。
今度は、映画を観にいきたくなりました。

1.jpg
1977年、サンフランシスコに「サカタ・シード・アメリカ」を設立し、
ブロッコリー、キャベツ、メロン、パンジーなどの市場でシェアを拡大。
今ではF1ブロッコリーは販売量も増加、市場占有率は50%超となった。
今では、横浜を代表する企業となった『サカタのタネ』を訪ね、
一昨年にはオランダでも視察をしており、改めてその長い創業の歴史を垣間見、
創業者の坂田武雄氏の偉大さを感じて来ました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg 17.jpg 18.jpg 19.jpg 20.jpg

Apple歴28年、

(カテゴリ:市会議員としての視察|2018年3月28日(水)更新)

こよなくMacを愛し、買い換えたMacは7台。
iPhone、iPadとApple CAREを利用しながら、
コンピュータに疎い私でも今までなんとか使いこなしてきました。

そのApple本社を本日視察されて頂き、改めて、
まだまだ世界でAppleコンピュータを使いこなす人員を作り出す為に、
試行錯誤している様に見えました。
今、Appleに求められている人は、想像力、創造力に優れ、問題解決の為の方法を、
失敗しても新しい物を創り出していくコラボレーションを培う人材。

Appleは横浜に開発拠点を置きます。
京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区への期待を質問しましたが、
これから横浜市と共に歩んでいくのだと。
時代は常に変化しています。我々もその流れをしっかりと肌で感じながら
進めていかなければなりません。
横浜市の子供達へのiPadを使った教育に対しては、いろんな課題を見つけました。
先ずはそれを教える教師の力量不足を実感してきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ