障害のある人と雇用契約を結び、パンの製造販売、ピザとパスタを中心とした
イタリアンの提供という仕事を行う、就労継続支援A型事業(14名)、
農業とガーデン管理の仕事を行う就労継続支援B型事業(20名)、
パン屋さんやレストラン、農業への就労を目指す、就労移行支援事業(6名)
という3つの事業を合計40名で実施しています。

本日は我が党の泉区選出の梶村市会議員の案内で、
泉区の『小麦畑の石窯ベーカリー&食堂ファール ニエンテ』に視察に来ました。
お店の名前の由来は、イタリア語で「なにもしない」と言う意味合いで、
お互いが認め合い、そこにただいるだけの空間を目指そうとしているとのこと。
地産地消を目指しており、ピザを頂きましたが、生地がとても柔らかく、
焼いている方は自閉症でほとんど会話ができないそうですが、グループホームに住まいながら、
最低賃金で4年間休まずに、多い日には80枚のピザを責任感を持って焼いているそうです。
親御さんも、自閉症の息子さんが普通にお仕事をしている事に感動で、感謝しているとのこと。
開業前の土地の相談から、施設立ち上げまで共に動き、行政との橋渡しなど、
陰で支援してきた梶村議員の力は大きいかと。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg
国会対策委員長代理として、公明党はじめ野党の議員との調整役にご尽力されている
我が純さんの応援に、昨夜は地元からも春の嵐の中を大勢の方々が参加されていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ