お力になれたらと思い今年の4月から相談にのっており、ようやく一つの案にまとまってきました。

お昼には、1周年を迎える地元の『もりのお茶の間』で美味しい手作りランチを食べました。このお店は〝ヨコハマ市民まち普請事業〟から500万円を助成して貰っています。
建物選びから、耐震の事などいろいろ関係者の方々と相談しながら関わらせて貰いましたので、
感動もひとしおです。

なにか物事を進めるには、時間がかかりますが、
その間には信頼も深められ、一緒に智慧を出し合い楽しい夢を見る事ができて幸せです。

スーツに着替える時間がなく、オーバーオールの作業着姿で市役所に入庁したら
廊下ですれ違う職員の方々から
「可愛い

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg
ご迷惑をおかけした方もおり申し訳ございませんでした。

後援会の健治さんと一緒に、
今度はしっかりと取り付けております。

ちょうど今し方、横浜市津波伝達情報システムでJアラートのテスト放送が流れました。
これを聞くのも一つの目的でしたので、柴町の屋外では良く聞こえました。

1.jpg 2.jpg

母の愛、息子の配慮!

(カテゴリ:趣味・生活|2017年11月14日(火)更新)

可愛い三男の為に、
昨日の残り物のキンピラゴボウと地元の漁師さんから頂いたアジの開きをお弁当に詰め、
デザートにご近所さんから頂いた柿を入れて持たしたら、、、。
私の顔アップはインスタに耐えられないと配慮して写してくれました。

この子が幼稚園の頃に、
「お母さんの顔には、なぜ胡麻塩が付いているの?」と、
質問された事が昨日の事の様です。

また、中学生の時にこの子のお弁当にシシャモを入れて、
「このクソババア(笑いながら)!
 服装がそんなに派手なんだから、お弁当ももう少しハデにしてくれよぉ〜(涙声)」
やはり、
昨日の事の様に思い出されます。

本当にスクスクとそのまま素直に育ってくれています。
「トホォホォ、、、」

1.jpg 2.jpg 3.jpg

市会議員 高橋のりみ

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティサイトマップ